入学試験 受験当日の朝ごはん 必要な栄養素は?飲み物は何がいい?

センター試験があり、大学生の受験シーズンが本格化する1月。

体調などのコンディションは万全ですか?

勉強したことを発揮できるよう、当日の体調を整えるため食事にも気を使いたいですね。

今回は入学試験など受験の当日におすすめの朝ごはんを紹介します。

当日の飲み物は何がいいのかご存知ですか?

入学試験 受験当日におすすめの朝ごはん 必要な栄養素は?

脳の栄養になるのはブドウ糖、というのは有名な話ですね。

糖分は炭水化物が分解されて出来るので、炭水化物をしっかり取りましょう。

炭水化物はご飯やパンなどの主食に多く含まれています。

糖分をたくさん!とスイーツなど甘いものを食べるのは辞めたほうがいいです。

糖分にはブドウ糖として血糖値をあげるスピードに差があるのですが、

ご飯、パン、うどんといった主食は高GIといって血糖値があがるスピードが早い食品です。

砂糖もGIが高めなのですが、脳には低GI食品の方がいいといわれています。

主食で高GI食品を摂取しているのでデザートやおかずはなるべく低GIの食品を。

おかずはねぎを入れた納豆が糖分の吸収を助ける上、低GIでおすすめ。

焼き魚やハムも糖質の吸収を助けてくれます。

体を温めるお味噌汁もあるといいですね。

デザートを食べるならフルーツがおすすめです。

入学試験 受験当日の飲み物は何がいい?

受験シーズンは冬、寒い教室での受験になることが多いので温かい飲み物を持参したいですね。

ですが、ここで一つ注意点。

カフェインが多い飲み物はトイレが近くなるので辞めておきましょう。

眠気を避けるためにコーヒーを選ぶ方が多いようですがトイレが気になって集中できないことも。

眠気対策は飲み物ではなくすっきりしたガムがおすすめです。

緊張からお腹が弱くなる人も多いので、牛乳や炭酸飲料も避けたほうがいいですね。

カフェインカットのハーブティーや体を温めるしょうが茶を持っていくといいですよ。

冷たい飲み物がいいならオレンジジュースがおすすめです。

脳に糖分をじっくり届けてくれます。

スポンサード リンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ