「年中行事」の記事一覧

節分の日付はいつ?意味や由来は?行事食・食べ物は何を食べる?

2月の年中行事といえば節分。節分とは暦の上での季節の変わり目となる四立(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。(季)節(の)分(かれ目)で節分なんですね。年中行事としての節分の由来の一つは追儺(ついな)であるといわれています。日付や行事食についても解説します。

初午とは 2014年の日付はいつ?初午大祭・初午祭りは?行事食は何を食べる?

初午とは二月の最初の午の日で、全国のお稲荷さんでお祭りが行われます。読み方は「はつうま」と読みます。豊作祈願と稲荷信仰が結びついたといわれています。2014年の新暦と旧暦での初午の日、全国の初午祭りと行事食を紹介します。

節分の恵方巻 具材の基本レシピ 決まり、意味は?子供が好きな中身は?

最近の節分の行事食といえば全国的に恵方巻が流行していますね。元々は「丸かぶり寿司」や「巻き寿司」と呼ばれていたようです。恵方巻の中身となる具材は決まっていません。基本的によく使われる具材と決まり、その意味、そして子供が好きな具材を調べました。

春一番とは 条件は?いつ頃の時期に吹く風?いつまで?風速・強さは?

春一番とは暦上の春になってからはじめて吹く突風のことです。キャンディーズのシングルのタイトルとしても有名な言葉ですね。風が春一番に認定される条件、吹く時期や強さについて紹介します。春一番と呼ばれる風が吹く時期は立春から春分の間です。

厄除け祈願・厄払いの料金の相場は?値段と時期は?神社とお寺どっち?

初詣に行くと見かける「今年の厄年」の看板。当てはまっているとちょっとドキッとしてしまいますね。あらかじめ気にして厄除け・厄払いに行くという方もいるのではないでしょうか。いくらかかるの?料金の相場は?いつ行けばいいの?そんな疑問について調べてみました。

東京・関東で有名な厄除け・厄払いのお寺・神社2014 初詣にもおすすめ!

普段は神社仏閣に行かなくても厄年といわれると何となく厄除け・厄払いを受けようかなという方も多いようですね。今回は東京・関東で有名な厄除け・厄払いのお寺と神社を紹介します。料金・値段や祈祷時間も紹介しているので、厄年の方は初詣先を選ぶ参考にしてみてください。

2014年の恵方はどっち?恵方巻きを食べる向き・方角は?恵方参り?

毎年変わる恵方(えほう)2014年の恵方はどちらかご存知ですか?2014年の恵方の方角と恵方にまつわる恵方巻き、恵方参りに付いて解説します。

豆まき豆知識 節分はいつ?豆はいつまく?食べる豆の数はいくつ?

2月のイベントといえば節分。平安時代のころから節分には豆まきをする習慣があります。豆まきには一年の無病息災を願うという意味があります。節分の豆まきの豆をいつまくか、いつ拾うか、食べる豆の数はいくつかなど豆まきにちなんだ豆知識をお届けします。

鏡開きとは 由来と意味は?日にちはいつ?鏡餅のお餅の食べ方・料理は?

鏡開きとはお正月に神さまにお供えした鏡餅を下げて食べる行事です。武家の風習に由来し、切腹をイメージする「切る」という言葉を避け「開く」といいます。いつ鏡開きを行うのか、正しいやり方と日付、そして代表的な鏡餅のお持ちの食べ方を紹介します。

寒中見舞いを出す時期 いつまでに出す?過ぎたら次は余寒見舞い

年賀状の次のはがきでのご挨拶は「寒中見舞い」年賀状の返信が遅れたり、喪中なのに年賀状が届いてしまったお返事などに寒中といわれる期間に行う見舞いのことです。寒中見舞いの「寒中」の時期について解説します。寒中見舞いの次は余寒見舞いです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ