2014年の流星群の一覧と見ごろ 日本の皆既月食など天体ショーカレンダー

2014年注目の天体イベントは10月の皆既月食。

日本全国で観測することが出来ます。

(石垣島以西では月が欠けた状態でのぼる月出帯食となります)

流星群とのコラボレーションが見られるかもしれません。

三大流星群など流星群の一覧と見頃の時期など天体ショーカレンダーをお届けします。

2014年の流星群が良い天気・天候で観測できますように。

2014年 注目の天体ショー

10月8日の皆既月食が2014年最大の天体ショー。

午後7時25分頃から1時間ほど観測することが出来ます。

10月りゅう座流星群を合わせてみることができる可能性があります。

2014年 特に見どころの流星群

2014年、観測条件が良い流星群は1月のしぶんぎ座流星群。

三大流星群の一つで数が多い上に、月明かりがなくたくさんの流れ星を見ることが出来ると推測されます。

8月の三大流星群のペルセウス座流星群は月明かりがあり条件は良くありません。

もう一つの12月のふたご座流星群は夜半頃に月がのぼりますが、極大は午後9時なので観測条件はまずまず。

5月~7月の流星群やオリオン座、しし座、こぐま座流星群は好条件が期待できます。

2014年 天体イベントカレンダー

2014年1月
 満月・・・1月16日

 しぶんぎ座流星群 
  ・・・月明かりがなく、条件は最良
 極大日:1月4日 午前4時30分頃
 見頃の時間:1月4日0時ごろから


2014年2月
 満月・・・2月15日

 2月15日 金星が最大光度となり明け方の空に見ることが出来ます。
     「明けの明星」


2014年3月
 満月・・・3月17日


2014年4月
 満月・・・4月15日

 4月15日 皆既月食ですが日本時間の16時45分なので日本では地平線の下。
     東日本北日本では月が欠けた状態でのぼる月出帯食となります。

 4月こと座流星群 △
  ・・・夜半過ぎに月がのぼってくるので、条件はあまり良くない
 極大日:4月23日 3時ごろ
 見頃の時間:4月22日23時頃~23日明け方


2014年5月
 満月・・・5月15日

 みずがめ座η流星群 
  ・・・極大は夕方だが未明から月明かりがなく、条件が良い
 極大日:5月6日 16時頃
 見頃の時間:5月6日0時から夜明けまで


2014年6月
 満月・・・6月13日

 6月うしかい座流星群 
  ・・・新月の翌日で月明かりがなく、条件が良い
 極大日:6月28日


2014年7月
 満月・・・4月15日

 みずがめ座δ南流星群 
  ・・・新月の翌日で月明かりがなく、条件が良い
 極大日:7月28日

 やぎ座α流星群 
  ・・・三日月程度の月明かりで、条件が良い
 極大日:7月30日


2014年8月
 満月・・・8月11日 2014年最大の満月

 8月2日 伝統的七夕(旧暦の7月7日)

 ペルセウス座流星群 ×
  ・・・極大は日中、満月後で月明かりがあり観測条件は悪い
 極大日:8月13日 午前9時頃
 見頃の時間:8月13日0時ごろ~夜明けまで

 はくちょう座κ流星群 
  ・・・夜半までは月が昇らないのでそれまでの観測条件は良い
 極大日:8月18日


2014年9月
 満月・・・9月9日


2014年10月
 満月・・・10月8日

 10月8日 皆既月食 19時24分頃から20時24分頃

 10月りゅう座流星群(ジャコビニ流星群) ×
  ・・・満月の後で一晩中月明かりがあり観測条件は悪い
 極大日:10月9日 午前8時30分頃

 おうし座南流星群 ×
  ・・・満月の後で月明かりがあり観測条件は悪い
 極大日:10月10日

 オリオン座流星群 
  ・・・新月前で月明かりがなく、極大が深夜で観測条件が良い
 極大日:10月21日 1時ごろ
 見頃の時間:22日夜間


2014年11月
 満月・・・11月7日

 おうし座北流星群 ×
  ・・・月明かりがあり、条件が悪い
 極大日:11月12日

 しし座流星群 
  ・・・新月前で月明かりが少なく、観測条件が良い
 極大日:11月18日 午前7時頃
 見頃の時間:11月18日0時ごろから夜明けまで


2014年12月
 満月・・・12月6日

 ふたご座流星群 
  ・・・夜半に月が昇るためそれ以前は観測条件が良い
 極大日:12月14日 午後9時頃
 見頃の時間:12月14日日没後から翌15日午前2時ごろまで

 こぐま座流星群 
  ・・・新月の翌日で月齢は1、月明かりがなく、条件が良い
 極大日:12月23日

海外の天体ショー

皆既月食 2014年4月15日
 北アメリカ大陸、南アメリカ大陸の西部で観測できます。

金環日食 2014年4月29日
 金環食が観測できるのは南極大陸だけ。
 オーストラリアでは部分食が観測できます。

部分日食 2014年10月23日
 シベリア東部から北米の広い範囲で観測できます。

スポンサード リンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ