2014年の恵方はどっち?恵方巻きを食べる向き・方角は?恵方参り?

毎年変わる恵方(えほう)

2014年の恵方はどちらかご存知ですか?

恵方とは歳徳神(としとくじん、とんどさん)という陰陽道の考えのその年の福徳を司る神さまがいる方角のことです。

2014年の恵方は「東北東やや右」です。

24に別れているのでとても細かいんですね。

時計で言うと、真北を12時として、短針が2時半を向いている辺りの方角です。

恵方巻きとは?

節分に食べると縁起がいいとされている太巻きのことです。

大阪など関西を中心とした文化でしたが2000年ごろから全国に広まりました。

もともとは「太巻き」「巻き寿司」「丸かぶり寿司」と呼ばれていましたが、全国に広がる際に恵方巻きとして知られるようになりました。

これはコンビニが恵方巻きとして全国販売を始めたからだといわれています。

節分の晩にその年の恵方に向かって無言で、願い事を思い浮かべながら太巻きにかぶりつきます。

恵方参りとは?その方法は?

恵方参り(恵方詣り)とは、元旦にその年の恵方の方角にある寺社に参拝することです。

江戸時代末期までの初詣は地域の氏神様か恵方の寺社に参拝することが主流でした。

氏神様に参拝するときにも、一度氏神様が恵方の位置にくる地点まで出向き、そこから参拝すれば恵方参りとなります。

こうすれば毎年同じ氏神様に恵方詣りをすることが出来ます。

現在は氏神や恵方に関係なく、有名な寺社に参拝する方の方が多いようですね。

2014年の初詣、行く先を決めたら一度恵方になる地点まで出て恵方参りしてみてはいかがでしょうか。

スポンサード リンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ