第63回別大マラソン 2014年のペースメーカーに上野裕一郎・岡本直己!

2014年の第63回別府大分毎日マラソンは2月2日(日)に開催されます。

前回大会の優勝は公務員ランナーとして有名な川内優輝選手でした。

中本健太郎選手との攻防を制しての優勝は記憶に新しいですね。

>>別府大分毎日マラソン2014 日程と出場選手 テレビ放送・スタート時間は?

公認のペースメーカーが導入されている別大マラソン。

2014年のペースメーカー4名を紹介します。

日本人選手は実業団からDeNAの上野裕一郎選手と中国電力の岡本直己選手の2名がエントリーです。

第63回別大マラソン 2014年のペースメーカーに上野裕一郎・岡本直己!

2014年の別大マラソンのペースメーカーは4人。

ケニア人2名と日本人の実業団選手2名です。

ケニア アイザク・マチャリア選手
 マラソンベストタイム 2.07.16
 2008年 ドバイ2位

ケニア ジョエル・キムタイ選手
 ハーフマラソンベストタイム 1.02.24
 2013年 ムワンザハーフ2位

日本  上野裕一郎選手
 ハーフマラソンベストタイム 1.04.06
 2013年 実業団ハーフ38位

日本 岡本直己選手
 マラソンベストタイム 2.12.31
 2013年 びわ湖毎日15位

アイザク・マチャリア選手は近年毎年日本のフルマラソン大会に参加しています。

2012年福岡国際マラソン(招待選手)2013年びわ湖毎日マラソン(ペースランナー)など。

2009年には長野マラソンで優勝しています。

上野裕一郎選手は旧エスビー食品の選手で日本の中・長距離の有名選手ですね。

DeNA陸上部のキャプテンでもあります。

5000m、10000mに加え、佐久長聖高校、中央大学の学生時代から主力選手として駅伝で活躍しています。

2013-14年シーズンも都道府県対抗男子駅伝で区間賞などの活躍を見せています。

岡本直己選手は近年の都道府県対抗男子駅伝に広島の主将として出場しておなじみの選手です。

ニューイヤー駅伝でも例年好成績を収めています。

日本人選手二人とも今後フルマラソンでの活躍が期待される選手です。

スポンサード リンク





コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ