皇后盃 第32回全国都道府県対抗女子駅伝2014 レース結果と区間賞

皇后盃 第32回全国都道府県対抗女子駅伝が1月12日京都市内で開催されました。

全9区間42.195kmを中学生から社会人までのランナーで繋ぐ全国女子駅伝。

2014年の優勝チームはどの都道府県になったのでしょうか。

区間賞とあわせてご確認ください。

この中に未来のオリンピックランナーがいるかもしれませんよ!?

皇后盃 第32回全国都道府県対抗女子駅伝2014 レース結果 優勝は?

優勝は3年ぶり15度目の地元「京都府」

2時間15分32秒で2位群馬県との7秒差という接戦を制して優勝しました。

3位は岡山県、4位愛知県、5位神奈川県と続きます。

優勝候補の一角とも予想されていた兵庫県は6位、大阪は9位に終わりました。

どちらも最終9区のランナーが区間21位、18位と順位を下げてしまいました。

皇后盃 第32回全国都道府県対抗女子駅伝2014 区間賞

1区 大阪 大森菜月選手(立命館大)
2区 愛知 鷲見梓沙選手(豊川高)
3区 大阪 髙松 智美ムセンビ選手(薫英女学院中)
4区 京都 木﨑良子選手(ダイハツ)★区間新
5区 京都 関 紅葉選手(立命館宇治高)
6区 愛知 関根花観選手(豊川高)
7区 京都 筒井咲帆選手(乙訓高)
8区 兵庫 田中希実選手(小野南中)
9区 岡山 重友梨佐選手(天満屋)

4区は京都府の木﨑良子選手が2011年の兵庫県小林祐梨子選手の持つ区間記録の

12分41秒を1秒差で更新し12分40秒で区間新記録となりました。

9区区間賞の岡山県の重友梨佐選手は青森県の福士加代子選手に9秒差をつけての区間賞です。

木﨑良子選手、重友梨佐選手は2012年ロンドンオリンピック女子マラソンに日本代表として出場しています。

高校生区間で強さを見せたのは豊川高校メンバーが揃った愛知県でした。

高校生区間4区中2区間で区間賞、残り二区間でも2位と5位という区間順位に入っています。

さすが全国高校駅伝優勝校ですね。

スポンサード リンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ