天皇杯 全国都道府県対抗駅伝2014男子 埼玉県のエントリー 出場選手は?

2014年の1月に開催される「全国都道府県対抗駅伝

正式名称は「天皇盃 第19回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」で、

「ひろしま男子駅伝」や「全国男子駅伝」とも呼ばれています。

男子は1月19日に広島で開催されます。

1月8日、出場選手の一覧が発表されました。

埼玉県のエントリー情報と予想オーダーをお知らせします。

2014年の全国都道府県対抗男子駅伝の優勝候補と言われる埼玉県チーム。

埼玉県の注目選手は男子は箱根駅伝に出場したこの3選手。

・設楽啓太選手(東洋大学)
・設楽悠太選手(東洋大学)
・服部翔大選手(日本体育大学)

男子の全7区間のうち、大学生と社会人(実業団)選手が走る一般区間は2区間だけ。

出場選手は設楽兄弟の兄の設楽啓太選手と服部翔大選手と予想されています。

【埼玉県】天皇杯 全国都道府県対抗男子駅伝 エントリー選手と予想オーダー

1区 高校生区間 内田健太選手(埼玉栄高)
2区 中学生区間 松尾晃汰選手(豊岡中)
3区 一般 区間 服部翔大選手(日本体育大)
4区 高校生区間 小黒誠那選手(花咲徳栄高)
5区 高校生区間 竹下和輝選手(東京農大三高)
6区 中学生区間 村松 樹選手(東松山東中)
7区 一般 区間 設楽啓太選手(東洋大)

補欠一般 設楽悠太選手(東洋大)
補欠高校 小山直城選手(松山高)
補欠中学 工藤 颯選手(杉戸中)

一般区間の3区、7区は箱根駅伝で5区の区間賞を争った二人が走ると予想されています。

日体大の服部翔大選手東洋大の設楽兄弟のお兄さん、設楽啓太選手です。

10,000mのタイムが27分台の設楽悠太選手が補欠という豪華なメンバーです。

服部翔大選手と設楽悠太選手はhonda実業団へ、設楽啓太選手はコニカミノルタへ進路を決めています。

48km中20.5kmを占め、レースの鍵となるのが高校生区間。

全国高校駅伝で1区を走った埼玉栄高の内田健太選手

箱根駅伝の強豪校駒澤大学への入学が決まっている、花咲徳栄高の小黒誠那選手

2013年、14分14秒75と好タイムを残した東京農大三高、竹下和輝選手が出場予定です。

埼玉栄高の内田健太選手は国学院大学へ進学予定です。

東京農大三高の竹下和輝選手は進路は未定のようですが、関東への大学への進学を希望しているそうです。

将来、箱根駅伝やニューイヤー駅伝、マラソンで活躍する可能性のある選手たちを

早めにチェックしておきましょう!

天皇杯 全国都道府県対抗男子駅伝 埼玉県の過去の成績

埼玉県は過去18回の大会で最高順位は3位といまだ優勝の経験は無し。

悲願の初優勝を目指します。

前回大会の2013年大18回大会は4位でした。

過去には公務員マラソンランナーの川内優輝選手も出場しています。

2011年の16回大会でのことでしたが記録は総合37位に終わりました。

過去最高順位タイの3位を記録した2010年の15回大会には今回の一般エントリーの3人が

高校生時代に同じメンバーで出場しており、今大会も優勝候補としての活躍に期待です。

2013年 第18回大会 4位
2012年 第17回大会 10位
2011年 第16回大会 37位
2010年 第15回大会 3位
2009年 第14回大会 7位

スポンサード リンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ