天皇杯 全国都道府県対抗男子駅伝2014 兵庫県のエントリー 出場選手は?

天皇盃 第19回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会が1月19日広島で開催されます。

ひろしま駅伝、全国男子駅伝とも呼ばれる47都道府県による対抗戦です。

3連覇がかかるのが兵庫県!

過去18回の大会の歴史の中で5度の優勝、準優勝が5回という強豪チームです。

エントリー情報と予想オーダーが発表されましたので出場選手情報をお届けします。

兵庫県の注目選手は、ふるさと枠で出場予定のSGHグループさがわの山本亮選手

エントリー選手のなかで8位の10,000mタイムを持っています。

西脇工高の藤原滋記選手は5000mのタイムが14分13秒53とかなりの好タイム。

高校3年生で今度の進路は駅伝の名門早稲田大学への進学が決まっています。

【兵庫県】天皇杯 全国都道府県対抗男子駅伝 エントリー選手と予想オーダー

1区 高校生区間 藤原滋記選手(西脇工高)
2区 中学生区間 中尾大樹選手(宝殿中)
3区 一般 区間 西池和人選手(法政大)
4区 高校生区間 福田兼士選手(須磨学園高)
5区 高校生区間 井上弘也選手(報徳学園高)
6区 中学生区間 稲田拓真選手(小野中)
7区 一般 区間 山本 亮選手(SGHグループさがわ)

補欠一般 中谷圭佑選手(駒澤大)
補欠高校 磯口晋平選手(西脇工高)
補欠中学 加藤 淳選手(大久保中)

一般の3人の選手は実業団から1名、大学生2名という組み合わせです。

SGHグループさがわからの山本亮選手、法政大の西池和人選手が出場予定です。

法政大学の西池和人選手は箱根駅伝でエース区間5区で区間順位5位と好調。

昨年西脇工高時代に1区区間賞をとった中谷圭佑選手は駒澤大へ進学し今年もエントリー。

予想オーダーでは補欠ですが、箱根駅伝では1年生ながら4区区間賞を獲得しています。

高校生は西脇工高、須磨学園高、報徳学園高から4名。

西脇工高3年生の藤原滋記選手は早稲田大学への進学が決まっています。

天皇杯 全国都道府県対抗男子駅伝 兵庫県の過去の成績

2012年の17回大会、2013年の19回大会と優勝し3連覇がかかる兵庫県。

第4回大会から1桁順位を続けている強豪チームです。

過去には北京オリンピックマラソン代表の竹澤健介選手や、現日清食品の北村聡選手、

2010年東京マラソン優勝の藤原正和選手などが走っています。

2013年 第18回大会 1位
2012年 第17回大会 1位
2011年 第16回大会 7位
2010年 第15回大会 1位
2009年 第14回大会 2位

スポンサード リンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ