大相撲2014 平成26年の一月・初場所の日程とチケット・当日券情報

大相撲の本場所の一つ「初場所」

正式には「一月場所」といいますが、通称の初場所が有名です。

古くは春場所と呼ばれていましたが、三月に大阪場所が開催されるようになってから

初場所と呼ばれるようになりました。

例年、1月の第2日曜日に初日を迎え、15日間の日程で開催されます。

中日8日目が天覧相撲になることが多い場所です。

会場は東京都墨田区の両国国技館。

2014年の日程とチケット・当日券情報についてお届けします。

大相撲2014 平成26年の一月・初場所の日程

番付発表:2013年12月24日(火)
初日  :2014年1月12日(日)
千秋楽 :2014年1月26日(日)

番付発表は通常は場所開催13日前の月曜日ですが、

年末の忙しさを考慮してもう少し早く発表されます。

初日は第2日曜日と決まっているため、平成26年は12日の日曜日となります。

大相撲2014 平成26年の一月・初場所のチケット・当日券情報 値段は?

前売り券発売開始日:12月7日(土)
取り扱い:チケット大相撲(インターネット)
     ケット大相撲予約専用ダイヤル
     チケットぴあ
     国技館切符売場 など

大相撲初場所2014 チケットの種類と値段・購入方法

1階 タマリ席 一人当たり14,300円
 土俵際の座布団の席。
 力士の落下により怪我をする可能性があると注意書きがあるほど近い席です。
 チケット大相撲(インターネット)、国技館切符売場で販売。

1階 マス席 一人当たり5,000円から11,300円
 一回の桟敷席。
 1人用~6人用のマス席があります。
 種類によって買い方が違いますがチケット大相撲なら全て購入できます。

2階 イス席 一人当たり3,600円から8,200円
 2階の椅子席です。

2階 イス席自由席 一人当たり2,100円
 2階14列目1周分のイス席。
 子供(4歳〜15歳)は200円と格安ですが当日券のみ。
 国技館切符売場にて販売。

大相撲初場所2014 当日券情報 発売開始時間は?

2階最後尾のイス席の自由席が当日9時から国技館切符売場にて販売されます。

枚数は400枚。

指定券に空席があった場合にも国技館切符売場やチケットぴあ・コンビニの窓口で

当日9時から午後5時まで発売されています。

スポンサード リンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ