豆まき豆知識 節分はいつ?豆はいつまく?食べる豆の数はいくつ?

2月のイベントといえば節分。

節分とは季節の分かれ目のことで、実は四季にあるのですが、有名なのは立春の前日の節分です。

平安時代のころから節分には豆まきをする習慣があります。

鬼に豆をぶつけることで邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味があります。

節分の豆まきの豆をいつまくか、いつ拾うか、食べる豆の数はいくつかなど

豆まきにちなんだ豆知識をお届けします。

豆まき豆知識 節分はいつ?豆はいつまく?

豆まきは節分の日に行います

2014年は2月3日、2024年まで2月3日が節分となりますが、

2022年からは2月2日が節分になる年もあります。

これは節気が太陽の位置で決まるため、数時間のずれが少しずつ蓄積してずれていくからです。

時間は何時とはっきり決まっているわけではありませんが、夕暮れ時から夜に撒くと言われています。

これは鬼は夜にやってくるから、だそうです。

枡に福豆を入れ、「鬼は外、福は内」といいながら家の外、中に豆をまきます。

鬼は外といって窓や玄関から外に豆を撒いたら、戸を閉めて家の中に豆をまきます。

これは戸を閉めることで鬼が中に入らないようにする意味があります。

まき終わった豆はいつ拾うのか、お悩みの方も多いようですね。

我が家では室内の豆は年の数の豆を食べた後に拾って庭において鳥に食べてもらっています。

豆まき豆知識 食べる豆の数はいくつ?

豆まきが終わったら最後に自分の年の数だけ、または年齢+1個の豆を食べます

これは厄除けを願い体を丈夫にし風邪を引かないという意味があるそうです。

いくつ食べるかは地域によって違いますが、年齢の数+1という地域が多いようです。

これには数え年として、今より健康になれるように、など諸説あるようですね。

スポンサード リンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ