初午とは 2014年の日付はいつ?初午大祭・初午祭りは?行事食は何を食べる?

初午とは二月の最初の午の日で、全国のお稲荷さんでお祭りが行われます。

読み方は「はつうま」と読みます。

豊作祈願と稲荷信仰が結びついたといわれています。

2014年の新暦と旧暦での初午の日、全国の初午祭りと行事食を紹介します。

初午とは 2014年の初午の日付はいつ?旧暦だと何日?

初午は京都にある伏見稲荷神社の主祭神「宇迦御霊神」が伊奈利山に降りた日が

和銅4年2月の午の日だったため、全国でお稲荷様を祀ります。

うかのみたまは「稲荷神」「稲荷大明神」とも呼ばれています。

全国の稲荷神社で祀られる神様です。

古事記では「宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)」と呼ばれますが、

日本書紀では「倉稲魂命(うかのみたまのみこと)」と表され、

その文字のとおり穀物や食べ物の神さまです。

伊勢神宮外宮の豊受大神と同じ存在だと考えられています。

2014年の初午は2月4日の火曜日です。

ちょうど立春と同じ日ですね。

旧暦での初午は3月12日の水曜日です。

西暦   新暦     旧暦
2015年 2月11日(水) 3月31日(火)
2016年 2月6日(土)  3月13日(日)
2017年 2月12日(日) 3月8日(水)

全国の初午祭りは?伏見稲荷大社の初午大祭

稲荷神社の本社、京都の伏見稲荷大社では初午大祭が行われます。

伏見稲荷大社 初午大祭 日程
2014年2月4日(火) 8:00~

稲荷山の杉と椎の枝で作った青山飾りで本殿などが飾られます。

商売繁盛・家内安全の御符であるしるしの杉が参拝者に授与されます。

豊川稲荷東京別院 初午祭の日程
平成26年2月4日(火) 午前5時20分

豊川稲荷は神社ではなく妙厳寺という曹洞宗のお寺です。

豊川ダ枳尼眞天を祀っています。

竹駒神社 初午大祭の日程
平成26年3月12日(水)~3月18日(火)

宮城県岩沼市の竹駒神社の初午大祭は旧暦の初午の日から行われます。

神輿渡御と竹駒奴が見どころです。

初午の行事食 初午には何を食べる?

初午には初午いなりといって稲荷寿司を供える風習があります。

これはお稲荷様の使いである狐の好物が油揚げだからです。

栃木県など北関東ではでは鮭の頭と野菜の切り屑など残り物を大根おろしと混ぜた「しもつかれ」を赤飯と共に供えます。

スポンサード リンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ