春一番とは 条件は?いつ頃の時期に吹く風?いつまで?風速・強さは?

春一番とは暦上の春になってからはじめて吹く突風のことです。

キャンディーズのシングルのタイトルとしても有名な言葉ですね。

春一番が吹くのは実際に春を感じる前の暦上の春なので「もうすぐ春ですね」となっています。

実際は雪解けにはまだ早い時期ですね。

風が春一番に認定される条件、吹く時期や強さについて紹介します。

春一番とは 条件は?いつ頃の時期に吹く風?いつまで?風速・強さは?

春一番と呼ばれる風が吹く時期は暦上春となる立春から春分の間です。

立春は2月の上旬2月4日ごろ、春分は3月21日ごろなので、2月~3月中旬の期間になります。

”日本海を進む低気圧に向かって、南側の高気圧から10分間平均で風速8m/s以上の風が吹き込み、

前日に比べて気温が上昇すること”と定められています。

立春より前に吹いた風は条件にあっていても春一番とは認められません。

2月~3月中旬に吹く南寄りの突風と覚えてください。

期間は立春から春分の間と決まっているため、過去には観測されなかった年もあります。

反対に「春二番」「春三番」と呼ばれる風が吹くこともあります。

時期は3月中旬までですが、過去に観測された年の多くは2月中、遅くても3月上旬に観測されています。

近年関東での春一番が吹いた日が一番遅かったのは1995年で3月17日でしたが、

1989年以降3月中旬に春一番が観測されたのはこの年と1998年(3月14日)だけです。

春一番が吹いた翌日は気温が下がり冷え込むことが多いようです。

春一番観測のニュースが入ったら翌日は暖かくしてお出かけください。

スポンサード リンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ