節分の恵方巻 具材の基本レシピ 決まり、意味は?子供が好きな中身は?

最近の節分の行事食といえば全国的に恵方巻が流行していますね。

大阪など近畿地方が発祥と言われていますが、

コンビニなどでも売られるようになり全国で流行し節分の定番となりました。

元々は「丸かぶり寿司」や「巻き寿司」と呼ばれていたようです。

恵方巻の中身となる具材は決まっていません。

基本的によく使われる具材と決まり、その意味を調べました。

子供が好きな具材で作っても喜ばれそうですね。

節分の恵方巻 具材の基本レシピ 決まり、意味は?

恵方巻の太巻きに使う具材は決まっていませんが、7種類の具材を使うとされています。

これは七福神にちなんで、福を巻き込むという意味があります。

その7種類の具の定番を調べてみました。

かんぴょう・キュウリ・レタス・かいわれ・桜でんぶ
卵(伊達巻/だし巻/厚焼き卵)
ほうれん草・しそ・大葉・菜の花・漬物・シイタケ煮
ウナギ・焼き紅鮭・アナゴ・かまぼこ・カニかま
サーモン・イクラ・イカ・エビ・まぐろ

元々はかんぴょうと卵と野菜などが定番だったようですが、

最近は海鮮太巻きとして魚介類を巻くのも流行っているようです。

節分の恵方巻 子供が好きな中身は?

7つの具材にこだわらなければカツやエビ天の太巻きは子供に人気です。

鳥のから揚げを切って入れるという方もいるようですよ。

揚げ物は太巻きとの相性がいいですね。

卵+カニカマ+きゅうり+レタスなどをマヨネーズで味付けして

サラダ風味にするのもおすすめ。

ウィンナーやソーセージ、チャーシューなどのお肉も人気です。

あわせる具材は卵やレタス、きゅうりなどで彩りよく作りましょう。

スポンサード リンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ