天皇杯 全国都道府県対抗駅伝 男子 コースと各区の予定通過時間 見どころは?

毎年1月に開催される全国都道府県対抗男子駅伝競走大会

一週間前に開催されている全国都道府県対抗駅伝女子の男子版です。

「全国都道府県対抗駅伝 男子」や「天皇盃 全国男子駅伝」といわれます。

広島で開催されるため、「ひろしま男子駅伝」と呼ばれることもあります。

47都道府県の各チームが中学生・高校生・大学生・一般人で全7区をつなぎます。

距離は48.0km、その内20.5kmを高校生が担当、6.0kmを中学生が担当するため、

半数を中高生が走ることになり上位に入るには若年層の走力が必要となります。

コースは広島市の平和記念公園をスタートし、廿日市市のJR前空駅東で折り返し、

ゴールの広島市の平和記念公園を目指します。

コースと各区の予定通過時間と見どころを解説します。

今後箱根駅伝やニューイヤー駅伝を走る選手が登場してくる高校生区間に注目です!

天皇杯 全国都道府県対抗駅伝 男子 コースと各区の予定通過時間 見どころは?

1区 距離:7.0km ジュニアA(高校生)

区間記録:19分51秒
      松岡佑起(京都)2003年
      佐藤悠基(長野)2005年
広島平和記念公園前 ⇒ 西広島バイパス高架下 ⇒ 広島電鉄井口駅東

草津沼田道路高架下あたりからのスパートがみどころ。

広島平和記念公園前を出発するスタート時刻は12時30分、

第1中継所となる広電井口駅東への到着予想時刻は12時50分。

2区 距離:3.0km・ジュニアB(中学生)

区間記録:8分29秒
      新迫志希(広島)
広島電鉄井口駅 ⇒ 海老園交差点

中学生によるつなぎの区間。

第2中継所となる海老園交差点の予定通過時間は12時59分。

3区 距離:8.5km 一般

区間記録:23分26秒
      大森輝和(高知)
海老園交差点 ⇒ 宮島街道 ⇒
⇒ 宮島口通り ⇒ 宮島口ロータリー

厳島神社への入口のフェリー乗り場へ向かう3区。

大学生や社会人が走るため、順位変動が起こりやすい区間です。

中盤を超えた4.5kmからの西広島ランプの高低差を活かした駆け引きがみどころ

フェリー乗り場付近のヘアピンコーナーは別名「杓文字コーナー」とも言われる名所。

第3中継所となる宮島口ロータリーの通過予想時刻は13時23分。

4区 距離:5.0km ジュニアA(高校生)

区間記録:14分07秒
      秋山雄飛(兵庫)
宮島口ロータリー ⇒ 宮島口通り ⇒ 宮島街道 ⇒
⇒ JR前空駅東(折り返し) ⇒ JR阿品駅南

折り返し区間となる4区。

第4中継所のJR阿品駅南の通過予定時間は13時38分です。

5区 距離:8.5km ジュニアA(高校生)

区間記録:23分55秒
      村澤明伸(長野)
JR阿品駅南 ⇒ 広島工業大学高校前

高校生最長となる8.5kmを走る5区。

5区から6区を首位でたすきリレーしたチームが優勝するとも言われる重要な区間です。

7区と並びレースのポイントとなります。

第5中継所となる広島工大高前は14時02分に通過予定。

6区 距離:3.0km ジュニアB(中学生)

区間記録:8分31秒
      町澤大雅(千葉)
広島工業大学高校前 ⇒ 草津橋

最終7区へのつなぎ区間となる中学生区間。

第6中継所の草津橋の通過予定時間は14時11分です。

7区 距離:13.0km 一般

区間記録:37分09秒
      大島健太(高知)
草津橋 ⇒ 平和大通り ⇒ 駅前通り ⇒ 
⇒ 城南通り ⇒ 中広通り ⇒ 広島平和記念公園前

全7区間最長の13kmとなる最終区間の7区。

スタート地点となった広島平和記念公園を一度通過し、広島市内を回ってから

ゴール地点となる広島平和記念公園へ戻ります。

一般(大学生・社会人)の担当区間で「逆転の7区」とも言われるレース最大の見どころ

橋が多く、細かいアップダウンが多いためペースをうまく作れるかがポイント。

フィニッシュテープを切る平和記念公園前でのゴール予想時間は14時50分です。

スポンサード リンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ