寒中見舞いを出す時期 いつまでに出す?過ぎたら次は余寒見舞い

年賀状の次のはがきでのご挨拶は「寒中見舞い」

年賀状の返信が遅れたり、喪中なのに年賀状が届いてしまったお返事などに

寒中といわれる期間に行う見舞いのことです。

便りだけでなく、ギフトとして送ることもあります。

寒中見舞いの「寒中」の時期について解説します。

寒中見舞いの次は余寒見舞いです。

寒中見舞い どんなときに出す?

寒中見舞いは文字の通り、寒冷地の相手を気遣う際にも用いられます。

主な用途としては、
・年賀状の返信が松の内を過ぎた場合
・喪中なのに届いた年賀状への返信
・喪中なのに出してしまった年賀状のお詫び
・結婚報告・出産報告・新築、引越しの報告
・一般的な季節の挨拶
  として送る場合が多いようです。

お歳暮を出しそびれた相手にこの時期にギフトを送る際にも寒中見舞いとして送ります。

寒中見舞いを出す時期 いつまでに出す?

寒中とは一年を二十四に分けた二十四節気の「小寒」と「大寒」のことで、

1月5日頃の小寒から大寒が終わる2月4日ごろの立春の前日までを指します。

この期間の間に送るのが寒中見舞いです。

1月7日までは松の内でお正月なので年賀状を、8日から寒中見舞いを送りましょう。

大寒の終わりは節分です。

寒中見舞いは節分までに出すようにしましょう。

寒中見舞いの次は?時期を過ぎたらどうする?

立春を過ぎたら余寒見舞いとして送ります。

余寒見舞いの期限には諸説あり、
・寒さの続くころまで
・暑さ寒さも彼岸まで、ということで彼岸まで
  と言われています。

スポンサード リンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ