鏡開きとは 由来と意味は?日にちはいつ?鏡餅のお餅の食べ方・料理は?

鏡開きとはお正月に神さまにお供えした鏡餅を下げて食べる行事です。

武家の風習に由来し、切腹をイメージする「切る」という言葉を避け「開く」といいます。

いつ鏡開きを行うのか、正しいやり方と日付、そして代表的な鏡餅のお持ちの食べ方を紹介します。

鏡開きとは 由来と意味は?正しいやり方は?

武家では鎧兜などの具足や鏡台にお餅を供える風習がありました。

このお餅を雑煮などにして食べたことが鏡開きの由来だといわれています。

切るという言葉はは切腹を連想させるので、「開く」という言葉を使います。

お餅も刃物では切らずに、手で割ったり木槌を使ったりします。

お正月の終わりまで飾っていたお餅なので乾燥して硬く、刃物を使わなくても割ることが出来たのですね。

今でも刃物を使わずにお餅を割り、その割れ方で一年を占う地域があります。

また、この固いお餅を食べることで歯を丈夫にして長寿を祈るという意味もあります。

鏡開きはいつ?地域ごとに違う日付

多くの地域では松の内を過ぎた1月11日に行われます。

これは、門松が飾られている松の内の間は年神さまが家にいらっしゃるため、

年神様へのお供え物を下げるのが7日になるからです。

地域によっては松の内が1月15日までなので、1月20日に鏡開きを行います。

鏡開きで開いた鏡餅の食べ方・お餅を使った料理は?

古くは鏡開きのお餅は長く飾られ乾燥して固かったため、汁粉や雑煮に入れて食べました。

固いお餅を柔らかくするために一度煮ていたのですね。

今は少し水気を与えてレンジでチンすれば簡単に柔らかくできます。

チンしてきな粉餅にしたりトースターで焼いてお醤油とお海苔で食べてもいいですね。

なかなか食べきれない場合はラップで包んでジップロックに入れて冷凍保存すると

カビを防いで長く保管することが出来ます。

スポンサード リンク





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ